viva70s ☆ 素晴らしき70年代インテリアの世界

レトロ & スペースエイジ な 70s モダンリビング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

70s Kitchen Cabinets

70s cabinets


 先日海外オークションに出品されていたこのキャビネット。
おそらくは以前紹介した 70's kitchen に使われているものと同じモデルと思われます。

 残念ながらデザイナーやメーカー等は不明ですが、愛らしい丸い取っ手とそれと呼応する角のアール処理、鮮やかなグリーンの色使いの組み合わせが最高に70年代しています。

70s cabinets 2


 この手のアノニマスなヴィンテージものとの出会いはまさに一期一会であり、その価値がわかるマニアにとってはこれ以上に無い掘り出し物でしたが、海外オークションの中でも素人が手を出し難い大型家具、しかも配送条件がドイツにおけるローカルピックアップとなれば指をくわえて見ている他はなく、まことに悔しい思いをしました。
(もっとも、管理人は賃貸のマンション住まいなので、もともと見送る他なかったのですが…)


70s cabinets 3


 最終的には EUR 154.00 で落札されたようですが、ヨーロッパのオークションやフリーマーケットにはこうした掘り出し物が非常に多く、向こうのコレクター達の恵まれた環境が改めて羨ましいと思えた一品でした。


70s cabinets 4


スポンサーサイト
  1. 2012/10/20(土) 10:43:25|
  2. 70s な家具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Panasonic JE-840U (PANAC 840)

Panasonic JE-840U

 パナソニックが70年代に発売していた電卓には優れたデザインのものがいくつかありますが、中でも秀逸なのがこのモデル。

 同じデザインで PANAC 840 というというモデルも存在しますが(写真下)、カタカナ付きのナショナルマークが使われていることから、おそらく同モデルの国内向け仕様であると思われます。

PANAC 840


 国内外での正確な販売時期は不明ですが、海外サイトでは1974年製と表記されていることが多いようです (ちなみにウィキペディアによれば、大文字表記だった「PANASONIC」を現在の「Panasonic」へと変更したのが1971年、同じく国内製品向けの「NATIONAL」ロゴを「National」に変更したのが1973年とのことなので、74年製という説には符号します)。


 蛍光管を使った数字の表示には今の液晶電卓にはないレトロな趣ありますが…
Panasonic JE-840U  display

こうしたレトロなテクノロジーと近未来感あふれるデザインとの絶妙なミスマッチが、この時代の電化製品の堪らない魅力となっています。



  1. 2012/08/18(土) 06:03:35|
  2. 70s な家電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Broyhill 版 DF2000 (?)シリーズ

Broyhill 1

 上の写真はアメリカの Broyhill 社が70年代に発売していた家具ですが、少しでもヴィンテージ家具に詳しい方なら直ぐに Raymond Loewy デザインの DF2000 シリーズ を連想されるのではないでしょうか?


 下の写真は左側が Broyhill 社製、右側が DF2000 のそれぞれのドロワー部分を拡大したものですが、微妙な違いはあるものの Raymond Loewy デザインのあの特徴的な取っ手部分を完全に模倣しており、DF2000シリーズからのデザイン的な影響は明らかだと思います。

Nighstand   drawer


 こうした Broyhill 社の一連のプロダクトは、高価な DF2000 シリーズの大衆向け廉価版と言うべきか、早い話がコピー商品の類だと思うのですが、40年以上過ぎた今となっては、これらの家具も当時のデザイン的意匠を伝える立派なヴィンテージ家具となっており、比較的手ごろな価格とデザインの良さもあって、海外ではかなりの人気があるようです。


 下は Broyhill 製プロダクトの中でも特に人気の高いテーブル。
Broyhill.jpg

 DF2000 と サーリネンの家具 の良いとこ取りをしたような面白いテーブルですが、デザイン的に非常に上手くまとめてあり、単なるコピー商品としては片付けられない不思議な魅力があることが分かると思います。


 管理人の知る限りでは、これらの Broyhill 版 "DF2000" シリーズには、主にグリーンとイエロー(一部ホワイト)のドロワーがあるようで、本家 DF2000 には無いカラー展開をすることで一応の差別化を図っていたようです(また、これは差別化のためなのかコスト削減のためなのかは分かりませんが、本家の様なドロワー部分のグラデーション展開は無いようです)。

Broyhill Dressers


  本物の DF2000 は魅力的だけど高価で手が出ないという方や、ドロワー部分がグリーンやイエローの方が現状のインテリアに合わせやすいという方は、これらの Broyhill 社のものを選択肢に入れてみるのも一つの案だと思います。





  1. 2012/08/05(日) 01:20:30|
  2. 70s な家具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

National Home Speaker CJ-18SEU

National Home Speaker


 海外輸出モデルながら、日本のナショナル(現・パナソニック)製ということもあって、日本でもスペースエイジ好きの間では古くから知られるアイテム。
 何年か前のスペースエイジ・ブームの頃は国内外のオークションでもお馴染みの存在でしたが、最近ではあまり見かけなくなってしまいました。

 古くから有名なわりには詳細不明のプロダクトですが、管理人の知る限りでは CJ-16HEU HOME UNIT という海外向けの4chシステムと一緒に出品されることが比較的多いようで、モデル名の類似性などから考えても同システムの付属品、もしくはオプション品だったのではないかと思われます。


 脚部にはマウント用の穴が設けられており…
National Home Speaker 4


 脚部を90度ずらして壁面スピーカーとしても使用可能となっています。
National Home Speaker 3


 また、光の加減によっては中のスピーカーユニットが大きな黒目のように浮かび上がり、さながらスペースエイジな目玉のオブジェといった風情…
National Home Speaker 2


 肝心の音質の方はお世辞にも良いとは言えないようですが、このスピーカーの最大の魅力はその愛らしい見た目にこそあり、ミュージシャンでありDJでもあるコモエスタ八重樫氏が、リビングルームのスピーカーとして敢えてこのモデルを選んでおられたことからも、そのことが伺えるのではないかと思います。

1998.jpg


 国内外のレトロマニアの間では古くからカルト的人気を誇るこの小さなスピーカーですが、その愛嬌のあるルックスには単なる懐古趣味を越えた普遍的な魅力があり、製造から40年を過ぎた現代の目から見ても、70年代における MADE IN JAPAN の優れたデザイン性の一端を垣間見ることが出来ます。




  1. 2012/07/20(金) 00:06:37|
  2. 70s な家電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

JAZ Electronic 社の掛け時計

JAZ Electronic

 おそらく70年代のものと思われるフランス製の掛け時計。

 この時代の時計デザインに関しては質・量ともに西ドイツ製と日本製があまりにも抜きん出ているため、他国のものは正直言って影が薄く、管理人もフランス製の時計には殆んど興味がありませんでしたが、海外オークションを物色中にこの時計を偶然見かけてしまい、そのあまりにも魅力的なデザインにノックアウト。

 こうした自分の知らない魅力的なプロダクトとの出会いは、己の知識不足とともに、ヴィンテージ界の奥深さを痛感させてくれます。

 

 トサカのある鳥のトレードマークは、フランスの国鳥である鶏がモチーフでしょうか?
JAZ Electronic 2



 壁面から時計が浮き出して来たかのような立体的なフレームデザインと、愛嬌のあるフォントを用いた70sな文字盤との組み合わせが何とも言えません。

JAZ Electronic 3



管理人私物。




  1. 2012/07/08(日) 17:59:48|
  2. 70s な掛け時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セイコーの置き時計 その4 

SEIKO   SD506


 セイコーのボールクロックとして古くから人気のパタパタ時計。

 カラーバリエーションも非常に豊富で、写真のホワイト × ブルーを始めとして、定番のホワイト × ブラック、ホワイト × ピンク、 さらに本体の色もホワイト以外にいくつかのカラーが存在し、コモエスタ邸にあったレッドを始めとして、イエローやオレンジ、また変り種で木目調のものなどがあるようです。

 
 SD506 というのがモデル名のようですが、何故か木目調のもの(写真下)だけは DZ610 という別のモデル名が付いています※。

DZ610.jpg

 ※ ただこの時計のモデル名に関してはハッキリしない点も多く、新しい資料が手に入り次第、追記したいと思います。



 60hz/50hz が固定式のため分解しないと切り替えが出来ない点は残念ですが、球体をベースにしたデザインはシンプルでありながらも非常に完成度が高く、どんなインテリアの中においても抜群の存在感を放ってくれるこの小さなパタパタ時計は、70年代初期の日本が産み出した傑作のひとつに違いありません。


SEIKO SD506


青と白のモデル、管理人私物。




※ 2012 7/4 追記

 新しく手に入れた当時の資料によると、カラーや周波数の違いによっても細かくモデル名が分けられており、管理人が思っていたよりも複雑に細分化されていたようです(写真下)。

SEIKO ball clock 1

SEIKO ball clock 2

SEIKO ball clock 3


 また本体カラーにレッドがあるように書いてしまいましたが、実際にはレッドに近いオレンジであり、それが環境の違いによってオレンジとレッドの二種類に見えていたようです。

 ここにお詫びして訂正しておきます。

SEIKO ball clock 4



  1. 2012/07/01(日) 22:23:50|
  2. 70s な置き時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

シチズンの掛け時計 その4

シチズン ファーストメカ 1



 おなじみシチズン・ファーストメカ。

 以前紹介した シルバームーン と同じカレンダー付きモデル。

 電池の交換記録から判断するに、おそらく70年代中期のものと思われます。


シチズン ファーストメカ 2



 ファーストメカシリーズには数多くのバリエーションが存在していますが、管理人が知る限りでは、最もポップな文字盤デザインが採用されているモデル。



シチズン ファーストメカ 3


 管理人私物。





  1. 2012/06/25(月) 21:26:26|
  2. 70s な掛け時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Welcome to My Blog!

現在の閲覧者数:

プロフィール

viva70s

Author:viva70s

カテゴリ

このブログについて (1)
70s な部屋 (13)
70s な家具 (17)
70s な家電 (8)
70s な置き時計 (13)
70s な掛け時計 (6)
70s なTable Ware (9)
70s な照明 (5)
70s なモノ (13)
70s な暮らし (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。