viva70s ☆ 素晴らしき70年代インテリアの世界

レトロ & スペースエイジ な 70s モダンリビング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Matti Suuronen のプレハブ式ハウス VENTURO編

Kivik Art Centre  Sweden

 前回 に続いて Polykem 社のプレハブ式ハウスを取り上げたいと思いますが、今回は FUTURO と人気を二分する存在である "VENTURO" こと CF45 。

 モデル名の CF45 の "CF" とは、Polykem 社が FUTURO の売り上げ落ち込みを受け、満を持して発表した Casa Finlandia シリーズの頭文字であり、数字の45はベーシックユニット組み立て時の床面積(約45㎡)を表しています。

Venturo 5

 ユニット構成は FUTURO の16分割と比べるとかなりシンプルになっており、2分割されたベーシックユニット (下図 a 、 b ) の中に残りのセクション (下図 c ) が梱包された状態で工場から出荷され、そのままトレーラーなどで現地に運び込んで組立てるようになっていた様です。

Venturo 2


 下の写真は Polykem 社の当時のパンフレットからのものですが、内装例がいかにも70年代といった感じでカッコ良いです。

Venturo 4

Venturo 6

 またオプションにはサウナまで用意されており、いかにもサウナ発祥の地であるフィンランド製といった感じですが、こういうところを見ても近未来志向の FUTURO に比べて、よりコンベンショナルで幅広い層をターゲットにしたものであったことが伺えます。

Venturo Sauna

 4色の外壁パネルの組み合わせで生まれる豊富な外観のバリエーション、さらにベーシックユニットを追加することにより床面積を拡大できるなど、様々な用途に対応する高い拡張性があったにもかかわらず、残念ながら VENTURO の売り上げは FUTURO ほどは伸びなかったようです。

 また Polykem 社のプレハブハウス自体、その斬新なコンセプトとデザインで世界中の注目を集めながら、73年のオイルショックによるプラスチック素材の高騰やマーケティングの失敗、また大口顧客だったソ連が79年にアフガンに侵攻し、それに伴う西側諸国のオリンピックボイコットにより大量の注文キャンセルを受けるなど、当時の経済状況や世界情勢などに翻弄され、時代のあだ花となってしまった感は否めません。

 ただし、パリのクリスティーズに FUTURO が出品された際には €140,000 で落札されるなど、そのデザイン性の素晴らしさと高い文化的価値は、後年のマニアたちの間で確実に再評価されつつあります。


 またこれは余談になりますが、同じ60~70年代のインテリア愛好家の間でも FUTURO派 と VENTURO派 とではインテリアに対する好みが微妙に分かれるようで、マッティ・スーロネンが設計したこの2つのプレハブ住宅は、その人のインテリア志向を推し量る良いバロメーターになっている気がします。


 ハードコアなスペースエイジ・マニアに愛される UFO 型近未来ハウス FUTURO と、退屈になりがちな従来型の四角い住宅に70年代の意匠を大胆にミックスさせた VENTURO …

Futuro or Venturo


 人類の未来が輝かしかった頃の時代に想いを馳せ、自分だったらどちらに住んでみたかったかを考えてみるのも、また一興なのではないでしょうか?






スポンサーサイト
  1. 2012/06/17(日) 15:47:20|
  2. 70s な暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Matti Suuronen のプレハブ式ハウス FUTURO編

 60年代の終わりから70年代にかけて、フィンランドの Polykem という会社から Matti Suuronen デザインのプレハブ式ハウスがいくつか販売されていましたが、その中から最も有名な2つのモデルを今回と次回に分けて取り上げてみたい思います。


 下は Polykem のプレハブ式ハウスの記念すべきファーストモデルであり、 UFO ハウスとしてあまりにも名高い FUTURO 。

Futuro_Bayer.jpg


 窓の数や内部の居住空間など、細部のデザインは輸出先の文化事情やユーザーの要望などに合わせていくつかバリエーションがあったようですが、基本的には人力で持ち運ぶことも可能な16のユニットで構成されており、軽量な本体は本格的な基礎工事などを必要としないため、自然環境の中など比較的自由な場所に設置可能だったようです。


 下の写真はヘリコプターで空輸中の FUTUTO 。
airborne Futuro

 プレハブ式という性質上、わざわざ完成品をヘリで空輸せずとも現地でユニット組み立てれば済む話だと思うのですが、上の写真でも分る通り、空輸される FUTURO の姿は正に捕獲された UFO さながらであり、おそらくはその多大な宣伝効果を狙ってこういう輸送手段をとったものと思われます。


 また、そのインパクトある外観もさることながら、内部の居住空間のデザインも素晴らしく、SF映画に出てくる宇宙船の内装を思わせるスペースエイジ・インテリアとなっています。

Futuro 5

 窓際に並んだ赤いチェアは座面を引き出しすことで簡易ベッドとしても使えるようになっており、また天井からの排煙筒をセットすることで多目的に使うことが出来る白いセンターテーブルなど、見た目のインパクトだけではなく、その機能面も充分に考えて設計されていたことが分かります。

futuro living


 Matti Suuronen が FUTURO をデザインしたのは1968年ですが、その翌年の1969年はまさにアームストロング船長が人類で始めて月面に降り立った年であり、FUTURO の斬新な外観と内装デザインには、当時の人々が思い描いていた 『来たる宇宙時代に向けての新たなライフスタイルへの期待』 というものを随所に感じることが出来ます。


Futuro  4


 残念ながら今では本国フィンランドでも現存する FUTURO は四つのみとなってしまい、世界各地に点在する残りの FUTURO もそのほとんどが住み手も無いまま風雪に晒され、風化の一途をたどってしまっているのが現状ですが、futuro (スペイン語で未来)という名が表す通り、それはかつて人類が抱いていた未来への夢が具現化された future house であり、そのユニークな存在感で世界中のマニアを未だに魅了し続けていることもまた事実です。


FUTURO  5




  1. 2012/06/10(日) 19:31:24|
  2. 70s な暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”バブリー” な暮らし Pneudome bubble house

pneudome 0

 ”バブリー” と言っても日本のバブル時代のことではなく、Chrysalis というロサンゼルスのデザイングループが70年代に発売していた、空気で膨らませる持ち運び式”バブル”ハウス Pneudome の話。

pneudome 2

 これらの写真は72年の Pneudome の広告で使われていたものですが、内装例に使われている家具がいかにも70年代でカッコ良いです。※

pneudome 1

 もっとも肝心のバブルハウスの方は、夏場の炎天下だと相当暑くなったのではないかと思われ、とても住み心地が良さそうとは思えないのですが、実際のところはどうだったんでしょうか?

 とはいえ、写真の中のモデル達は70'sインテリアの中でとても楽しそうにくつろいでいて、当時の人々が思い描いていた夢の未来生活の気分を伝えてくれます。

pneudome 3


 ※ これらの家具は同じロサンゼルスにあった H.U.D.D.L.E. というショップのオリジナル、しかも工業廃棄物から作った安価なリサイクル家具(!)なんだそうで、それにしても良く出来ていますね。



  1. 2012/04/15(日) 06:11:39|
  2. 70s な暮らし
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

The 70's Stripe

1975 j

 好きな色を部屋のテーマカラーにしてその色のアイテムを揃える、ということまでは誰もがやることですが、好きな色で壁を塗ってしまうというのは日本の環境ではなかなか出来ないもの。
 DIY精神が行き届いた海外では壁の色程度なら自分で好きな色にどんどん塗り替えてしまいますが、70年代の部屋によく見られる大胆なストライプなども自分でやってしまう人が多かったようで、当時のインテリア雑誌を見るとストライプの入れ方の手順を写真付きで解説していたりします。

70s-stripe.jpg

 とは言え、下の写真のようにここまで大胆なストライプを入れてしまうと、もはやこの二人のように肩を組んで笑うしかないかもしれません…。

str.jpg


  1. 2012/03/08(木) 20:38:42|
  2. 70s な暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広告に見る70年代 その2

himawari.jpg

 中央にポツンと置かれた赤い Selene Chair がサマー・イエローのキッチンを引き立てる、クリナップの流し台 ”ひまわり” の広告写真。

 丸いアールの付いたパーティションと、その上に乗せられた編みカゴのポトスが時代の気分です。



  1. 2012/03/04(日) 18:54:26|
  2. 70s な暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広告に見る70年代

70s ad 1

謎のヘアバンドをした美女が70sインテリアの中からこちらを見つめる電気掃除機の広告。

クレイジーな丸窓とボールチェアで幸せそうにまどろむ猫の表情が良し。



  1. 2012/02/24(金) 21:14:03|
  2. 70s な暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Welcome to My Blog!

現在の閲覧者数:

プロフィール

viva70s

Author:viva70s

カテゴリ

このブログについて (1)
70s な部屋 (13)
70s な家具 (17)
70s な家電 (8)
70s な置き時計 (13)
70s な掛け時計 (6)
70s なTable Ware (9)
70s な照明 (5)
70s なモノ (13)
70s な暮らし (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。