viva70s ☆ 素晴らしき70年代インテリアの世界

レトロ & スペースエイジ な 70s モダンリビング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BUTTERFLY ペンダントライト

2_800x800 copy

かつてデンマークの Hoyrup から発売されていた、プラスティックシートを自分で組み立てるDIYタイプの様々なシェード。
そのアイディアもさることながら Lars Schioler デザインのシェードはどれも美しく、日本の照明メーカーにも多大な影響を与えました。

中でもこのバタフライは、その完成された美しさから様々な模倣品が作られたようで、レトロインテリアが好きなら一度はこの形を見たことがあるのではないでしょうか?



シートの切れ目同士を差し込んで筒を作り、それをつなげていくだけのシンプルな組立工程。

2010_07_04_FUGLEN_158_thumb_800x800 copy


オレンジシェードの点灯時の美しさは別格。

il_fullxfull_292180650 copy



スポンサーサイト
  1. 2012/01/31(火) 17:50:50|
  2. 70s な照明
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Uniplane desk

2.jpg

日本のインテリア界ではかなりマイナー、というよりほぼ無名に近い William Sklaroff 。
管理人も詳細を知りたくて、折に触れてネットで検索したりしていますが、あいかわらず詳細は不明のまま。

しかし例えマイナーであっても、彼が70年代初期に Vecta から発表した家具は本当に素晴らしい。
ジオメトリックで無駄のないデザインは現代でも充分に通用する美しさではないでしょうか?

個人的には70年代デザイン史に残るマスターピースのひとつだと思います。


1a.jpg

3a.jpg


追記: 管理人の拙い英語で調べた限りでの情報を付け加えておくと、彼は米国デザイン界ではそれなりの地位にある方で、Herman Miller や Howard Miller Clocks といった数多くの有名どころとも仕事しているようです。現在は主にワークプレイス向けの製品に関心がシフトしているようで、それが日本での一般的な知名度の低さにつながっているのかも知れません。


  1. 2012/01/29(日) 13:58:33|
  2. 70s な家具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ALESSI Optic Alarm Clock

ALESSI Optic copy

巨匠 Joe Colombo デザインの目覚まし時計。
1970年発売以来、マイナーチェンジを繰り返しながら現在も売れ続けるロングセラー。

デザイン的には黒い文字盤に白い本体の写真のモデルが一番完成度が高かったように思います。


下は管理人愛用の現行モデル。

p20120123-212359 copy


  1. 2012/01/28(土) 09:52:55|
  2. 70s な置き時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

70's Attic


70s Attic

広大な屋根裏に造り上げられた隠れ家的空間。

手前のリンゴ型キャンドルと Enzo Mari の巨大リンゴポスターとの対比がGOOD。




  1. 2012/01/26(木) 20:21:13|
  2. 70s な部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GE Stereo Music System

GE Stereo Music Systemg copy

スペースエイジなレコードプレーヤーと言えば Weltron シリーズがあまりにも有名ですが、老舗 General Electric が70年代に発売したこのモデルも負けず劣らずの素晴らしさです。


脚部へと続く美しいジオメトリックなライン。

GE Stereo Music System3

単に美しいだけでなくスピーカーの収納も可。

GE Stereo Music Systemg


mp3全盛でアナログレコードどころかCDさえ滅多に聴かなくなった昨今ですが、管理人はこうした魅力溢れる製品を見る度に、便利さの陰で失われつつある 『カッコ良いハードウェアを部屋に置く喜び』 を思い出してしまいます。



  1. 2012/01/26(木) 17:35:02|
  2. 70s な家電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Zenith Chromacolor TV set


zenith-telecouleur-total-1973.jpg

インテリアの中ではとかく悪目立ちしがちなTV。
とりわけブラウン管時代はその傾向が顕著で、各メーカーもしのぎを削ってデザインに力を入れたモデルを発売していました。
中でもゼニスの製品は、伝統的な木目調とスペースエイジの要素を上手くマッチングさせてあり、個性的でありながらも落ち着いたデザインで素晴らしいです。

o copy


  1. 2012/01/25(水) 23:32:10|
  2. 70s な家電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

70's Modern Lounge


70sd.jpg

サーリネンのダイニングセットをぐるりと囲むU字型のソファの上で、いつまでも長居したくなるラウンジ空間。

手前にひとつだけ置かれたゼブラ柄のクッションが見事に構図を引き締めています。



  1. 2012/01/24(火) 19:33:17|
  2. 70s な部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セイコーの置き時計 その3

DSC_0060 copy

モデルNo. DL426

ドラム回転式なのでパタパタ時計に付き物の動作音が無く、寝室でも使える優れもの。
50Hz/60Hz 切り替えレバー付きなので全国で使えることもポイント高し。


自動調光で優しく光るレトロなフォントがたまりません。

DSC_0057 copy
DSC_0059 copy



管理人私物。


  1. 2012/01/24(火) 17:45:37|
  2. 70s な置き時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Raymond Loewy DF2000

f1583 copy


日本では煙草のピースのパッケージデザインで有名なレイモンド・ローウィ。
アメリカで大成功した彼が1965年に母国フランスの Doubinsky Frères 社から発表した傑作シリーズ。

高価な本体価格もさることながら非常に重いため搬入と設置にも手間がかかり、カタギにはなかなか手が出せないシロモノ。
しかし、ドロワーの鮮やかなグラデーションと取っ手の曲線の美しさは他の追随を許さず、インテリアが好きなら一度は夢見るマスターピースです。


3494206_1_l copy
modern-furniture copy
$(KGrHqIOKj4E34LFjeOoBOBhfL5hT!~~0_3
logo.jpg




  1. 2012/01/23(月) 23:05:17|
  2. 70s な家具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Umbo シェルフ

umbo.jpg


 1970年代に Directional Furniture 社から発売されていた Umbo シェルフ。

 棚として使われることが多いので便宜上 Umbo ”シェルフ” と呼ばれていますが、実際は数種類のパーツを組み合わせることで様々な家具に変化させることが出来る 『Umbo』 という名の多目的ユニットであり、上の写真でも棚以外にコーヒーテーブルとしての使用例が紹介されています。

 発売当時はホワイト、ブラウン、タンジェリンの三色だったようですが、管理人が確認しただけでもブラック、イエロー、レッドなどの色が存在し、また純正品かどうかは不明ですが様々なレアパーツも存在するようです。

 とにかく70年代インテリアを象徴する存在として未だに根強い人気があり、再発が最も強く望まれるプロダクトの一つです。


umbo shelves


※ ちなみに最初の写真は1972年の雑誌に載っていたレビュー型の広告を切り取って加工したもので、英語が読める人は Google ブック検索で「 Directional Furniture umbo 」で検索すると、Popular Science や New York Magazine でレビューの全文を読むことが出来ます。



  1. 2012/01/22(日) 23:33:45|
  2. 70s な家具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ピエール・カルダンのカスターセット

DSC06531-2 copy


とかく所帯じみた感じになりがちな調味料入れも、全盛期のカルダンがデザインすれば、こんなに ”モダーン” に。

茶色の取っ手部分は安っぽい木目プリントではなく本物の木材(サクラ材)を使用。

シンプルでありながら、どこか温かみを感じさせるデザインです。



  1. 2012/01/22(日) 21:56:38|
  2. 70s なTable Ware
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The 70's Kitchen

4811223027_ceb91ce71f_b[1]


これぞ70sキッチンのお手本。

アールの付いたコの字型のパーティションが、床の緑のラインと呼応して絶妙な視覚的効果を生んでいます。

70年代インテリア界のカリスマ、コモエスタ八重樫さんも、自宅マンションの壁をリフォームしてこのパーティションを作ってらっしゃいました。



  1. 2012/01/21(土) 23:12:54|
  2. 70s な部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Selene Chair & Stadio Table

m 22copy

シャギーラグの上にセットするだけでたちまち70sな風景が出現するヴィコ・マジストレッティの傑作。

Stadio Table は大きさによって 80 100 120 150 の四種類のモデルがあり、四本の脚は取り外し可能。

一方のSelene は一体成形でスタッキングも可。
757.jpg


強度とデザインの両方に貢献する、官能的な曲線の美しさがたまらんです。
Selene.jpg


  1. 2012/01/21(土) 22:37:35|
  2. 70s な家具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

living room '72

72_living room

70年代のリビングルームに良く見られるのがこの手のビルトイン・タイプのソファ。
部屋のボトム全体をあえて同色同素材にすることで、インパクトある贅沢な空間使いがより一層際立つことに。

その一方で、部屋全体に漂うこの何とも言えないラウンジ感…。

『和み』 と 『インパクト』 という一見相反する要素が見事に同居した、素晴らしい部屋です。



  1. 2012/01/20(金) 21:43:56|
  2. 70s な部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

象印の魔法瓶とアイスペール

sabio_holic-img600x450-1184599364zou1 copy


70'sインテリア好きの心の師匠、ピエール・カルダン先生の作品を多数出していた象印。

ただ、これも先生の手によるものなのかどうかは詳細不明。

ビビッドな幾何学模様と魔法瓶のシルエットはモロですが…。



  1. 2012/01/19(木) 19:00:44|
  2. 70s なTable Ware
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シチズンの掛け時計 その2


11qq.jpg


ファーストメカ・シリーズの六角形モデル。

今の時代でも余裕で通用するこのデザインの完成度。

やはりファーストメカはカッコ良し。




  1. 2012/01/19(木) 18:30:05|
  2. 70s な掛け時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スペースエイジな灰皿

p20120115-172332.jpg

p20120115-172537.jpg



その名も Space Age Products 社製の灰皿。

会社名に恥じないアダムスキー型デザイン。


管理人私物。


  1. 2012/01/18(水) 21:34:38|
  2. 70s なモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rhythm Alarm Clock

Rhythm Alarm Clock


レトロ時計の定番、リズム時計。
数あるモデルの中で管理人が一番好きなのがこれ。

未来チックでクールなデザインなのに、思いっきりアナログ時計。
この 『どの時代からもハズれたミスマッチ感』 こそがスペースエイジの魅力。


  1. 2012/01/18(水) 20:50:34|
  2. 70s な置き時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Aarnio のある部屋

51970sdd.jpg


その名もズバリ Kantarelli (アンズタケ)というキノコテーブルを囲って、色違いの Pastilli チェアがずらり。 おかげで普通なら主役になるはずのボールチェアが一番奥に…。

特筆すべきは窮屈な家具の配置をカバーする見事な配色バランス。
原色をつなぐ黒と白の使い方が本当に上手いです。



  1. 2012/01/18(水) 19:11:37|
  2. 70s な部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Scrabble Sensor


42128639_a090416a4e_b.jpg

PlaythingsApr79_31.jpg


1978年発売、アメリカ Selchow and Righter 社製の英単語当てゲーム。
少年マンガに出てくる謎の未来メカ風の外見がGOOD。

下の写真は管理人私物。


p20120113-120147 copy


  1. 2012/01/16(月) 14:04:40|
  2. 70s なモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

70年代トレー


p20120116-120835.jpg


配色とデザインがモロに70年代。

管理人私物。


  1. 2012/01/16(月) 13:05:20|
  2. 70s なTable Ware
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シチズンの掛け時計

p20120116-114738.jpg


シチズンのファーストメカシリーズ。
このオーバルのモデルは発売当時5600円でカラーバリエーションも豊富。
オーバル以外に六角形や四角のモデルもあってそれぞれがカッコ良し。

写真は管理人私物。


  1. 2012/01/16(月) 12:35:35|
  2. 70s な掛け時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セイコーの置き時計 その2

SEIKO


モデルNo.DP618

セイコーパタパタ時計の最高傑作。
個性的でありながら様々なスタイルのインテリアに合わせやすく、飽きの来ないデザイン。


DP618.jpg



下は管理人私物。

p20120116-10292.jpg


  1. 2012/01/16(月) 11:15:14|
  2. 70s な置き時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1971年 Olivier Mourgue Visiona3

visiona3-bx2.jpg
schow10 copy


 映画『2001年宇宙の旅』に出てくる赤いソファ( Djinn )で有名な Olivier Mourgue 。
彼が Bayer AG 社のインテリアデザイン・プロジェクト「 Visiona 」に参加した時の作品。

 まるで近未来モノのSF映画に出て来そうな居住空間ですが、見た目のインパクトだけでなく、そのコンセプトの斬新さもかなりのもの。
 ラウンジエリア、キッチン、寝室等、部屋の各部分が全てユニット化されており、それぞれの場所は希望通りに入れ替え可能。
 さらに吊り下げ式のクローゼットとディバイダーが天井のレールにそって移動可能となっています。

 見た目がブッ飛んでるのに、極めて機能的。
 最高です。


  1. 2012/01/16(月) 09:56:59|
  2. 70s な部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Dic La-La の調味料入れ

p20120115-220837.jpg


レトロポップ専門店で稀に見かけるディック・ララ。

管理人私物。



  1. 2012/01/15(日) 23:01:40|
  2. 70s なTable Ware
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セイコーの置き時計 その1

p20120115-171547 copy


p20120115-171907.jpg



管理人私物。

文字盤の配色もナイス。



p20120115-172142 copy



  1. 2012/01/15(日) 18:31:56|
  2. 70s な置き時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Blessing Clock

186298315_o.jpg


これぞ「ザ・スペースエイジ!」のキノコフォルム。

管理人も一台所有していますが、このeBayの写真が良く撮れているので拝借して来ました。

個人的には、数字無しのシンプルな文字盤デザインもポイント高し。


  1. 2012/01/15(日) 18:06:40|
  2. 70s な置き時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シチズンの置き時計 その1

シチズンの置時計 その1


p20120115-160029.jpg


 シチズン置き時計部門(?)の最高傑作。

 ペデスタル(台座)の部分は今の家電の様に銀メッキのプラスチックではなく、ずっしりとした本物の金属を使用。
 この時計本来の機能には全く関係ない部分での贅沢なこだわりは、高度成長期の MADE IN JAPAN ならでは。


管理人私物。


  1. 2012/01/15(日) 16:47:09|
  2. 70s な置き時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

このブログについて

70sd.jpg


レトロ & スペースエイジ な70年代風インテリアの資料館です。

※ 何をもって 『70年代風』 とするかは100%管理人の独断と好みです。
※ そのため、時代考証は必ずしも正確ではありません。




  1. 2012/01/15(日) 15:45:24|
  2. このブログについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Welcome to My Blog!

現在の閲覧者数:

プロフィール

viva70s

Author:viva70s

カテゴリ

このブログについて (1)
70s な部屋 (13)
70s な家具 (17)
70s な家電 (8)
70s な置き時計 (13)
70s な掛け時計 (6)
70s なTable Ware (9)
70s な照明 (5)
70s なモノ (13)
70s な暮らし (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。