viva70s ☆ 素晴らしき70年代インテリアの世界

レトロ & スペースエイジ な 70s モダンリビング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Tiara Casa Terrarium

Tiara Casa Terrarium 01

 アメリカ Bernard Industries 社製。

 スペースエイジなテラリウムとしてヴィンテージものを扱うショップでは古くからお馴染みのアイテムですが、本来のテラリウムとしての使用はもちろんのこと、カラーボールなどを入れてインテリアのアクセントにしたり、インパクトのあるディスプレイ用ケースとして用いたりと、ユーザーのアイディア次第で様々な用途に使用することが可能です。

 (また少し反則的な使い方ですが、あえて透明ドームを外してペデスタル部のみをプランターとして用いても、それはそれで趣があります。)

Tiara Casa Terrarium 2

 正確な製造年月日は不明ですが、news.google.com でヒットする昔の新聞広告などから判断すると、少なくとも70年代中期あたりまではアメリカで盛んに販売されていたようです(当時の実売価格およそ15ドル前後)。

 プラスチックの特性を最大限に活かしたスペーシーな外観は当時の人々にも新鮮だったらしく、前述の新聞広告を見ても 「話のネタとしても非常に魅力的です。」 などと書いてありますが、このデザインは単に奇を衒ったものではなく、『シーズンを通して栽培を楽しめるポータブルな室内温室』 というのが製品コンセプトとしてあるようです。

 (実用性を考えて、透明ドームの上蓋にはベンチレーションが取り付けられています。)
Tiara Casa Terrarium 3


 また ”Tiara Casa” というのはこのテラリウムの固有名詞ではなく、Bernard Industries 社の一つの商品ブランド名であるらしく、70年代当時はこの ”Tiara Casa” ブランドでいくつかのプロダクトを販売していたようです。

 下の写真はこのテラリウムのペデスタル部をそのまま流用していると思われる”Tiara Casa” カクテル・テーブル。
Tiara Casa Cocktail Table


 古くから人気のこのテラリウムですが、透明プラスチックの性質上、どうしても傷による曇りが生じ易く、ヴィンテージ品でコンディションの良いものはなかなか入手し難い状況が続いていますが、2009年に DoPlastic というアメリカの会社が復刻版を製作し、2012年5月現在も入手可能となっています (ただしオリジナルの様な無地の透明ドームではなく、地球儀を模した図柄入り)。

 DoPlastic の販売サイトでは一応限定生産の可能性に言及しているので、ドーム部の図柄が気にならない人は早めに買っておいた方が良いかも知れません。





関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/05/02(水) 21:54:20|
  2. 70s なモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<EMSA社 "Party Time" スナックトレー | ホーム | bomboa 壁掛けミラー 300A>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://spaceage70s.blog.fc2.com/tb.php/84-83591f35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Welcome to My Blog!

現在の閲覧者数:

プロフィール

viva70s

Author:viva70s

カテゴリ

このブログについて (1)
70s な部屋 (13)
70s な家具 (17)
70s な家電 (8)
70s な置き時計 (13)
70s な掛け時計 (6)
70s なTable Ware (9)
70s な照明 (5)
70s なモノ (13)
70s な暮らし (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。