viva70s ☆ 素晴らしき70年代インテリアの世界

レトロ & スペースエイジ な 70s モダンリビング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Matti Suuronen のプレハブ式ハウス VENTURO編

Kivik Art Centre  Sweden

 前回 に続いて Polykem 社のプレハブ式ハウスを取り上げたいと思いますが、今回は FUTURO と人気を二分する存在である "VENTURO" こと CF45 。

 モデル名の CF45 の "CF" とは、Polykem 社が FUTURO の売り上げ落ち込みを受け、満を持して発表した Casa Finlandia シリーズの頭文字であり、数字の45はベーシックユニット組み立て時の床面積(約45㎡)を表しています。

Venturo 5

 ユニット構成は FUTURO の16分割と比べるとかなりシンプルになっており、2分割されたベーシックユニット (下図 a 、 b ) の中に残りのセクション (下図 c ) が梱包された状態で工場から出荷され、そのままトレーラーなどで現地に運び込んで組立てるようになっていた様です。

Venturo 2


 下の写真は Polykem 社の当時のパンフレットからのものですが、内装例がいかにも70年代といった感じでカッコ良いです。

Venturo 4

Venturo 6

 またオプションにはサウナまで用意されており、いかにもサウナ発祥の地であるフィンランド製といった感じですが、こういうところを見ても近未来志向の FUTURO に比べて、よりコンベンショナルで幅広い層をターゲットにしたものであったことが伺えます。

Venturo Sauna

 4色の外壁パネルの組み合わせで生まれる豊富な外観のバリエーション、さらにベーシックユニットを追加することにより床面積を拡大できるなど、様々な用途に対応する高い拡張性があったにもかかわらず、残念ながら VENTURO の売り上げは FUTURO ほどは伸びなかったようです。

 また Polykem 社のプレハブハウス自体、その斬新なコンセプトとデザインで世界中の注目を集めながら、73年のオイルショックによるプラスチック素材の高騰やマーケティングの失敗、また大口顧客だったソ連が79年にアフガンに侵攻し、それに伴う西側諸国のオリンピックボイコットにより大量の注文キャンセルを受けるなど、当時の経済状況や世界情勢などに翻弄され、時代のあだ花となってしまった感は否めません。

 ただし、パリのクリスティーズに FUTURO が出品された際には €140,000 で落札されるなど、そのデザイン性の素晴らしさと高い文化的価値は、後年のマニアたちの間で確実に再評価されつつあります。


 またこれは余談になりますが、同じ60~70年代のインテリア愛好家の間でも FUTURO派 と VENTURO派 とではインテリアに対する好みが微妙に分かれるようで、マッティ・スーロネンが設計したこの2つのプレハブ住宅は、その人のインテリア志向を推し量る良いバロメーターになっている気がします。


 ハードコアなスペースエイジ・マニアに愛される UFO 型近未来ハウス FUTURO と、退屈になりがちな従来型の四角い住宅に70年代の意匠を大胆にミックスさせた VENTURO …

Futuro or Venturo


 人類の未来が輝かしかった頃の時代に想いを馳せ、自分だったらどちらに住んでみたかったかを考えてみるのも、また一興なのではないでしょうか?






関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/06/17(日) 15:47:20|
  2. 70s な暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<シチズンの掛け時計 その4 | ホーム | Matti Suuronen のプレハブ式ハウス FUTURO編>>

コメント

リンクについて

始めまして。

この度、昭和レトロ好きが講じて
昭和のレトロな雑貨を扱うネットショップを始めました、小田と申します。

コメント欄から失礼します。

ネットショップを開くにあたり、
ちょくちょく覗かせていただいていた
viva70s☆素晴らしき70年代インテリアの世界さんに、
是非リンクを貼らせていただきたいと思ったのですが

初めてのサイト運営のため、
リンクと言うのは勝手に貼ってよいものやらどうなのか分からず、
失礼かとは思いましたが、コメント欄からご連絡させていただきました。

お忙しいところすみませんがお返事をいただけたらと思います。

何卒よろしくお願いします。

ヒノマルマート  オダ


  1. 2012/06/20(水) 22:05:09 |
  2. URL |
  3. ヒノマルマート オダ #-
  4. [ 編集 ]

Re: リンクについて

時々ご訪問頂いてるとのこと、ありがとうございます。

好きなことを仕事に出来るオダさんの行動力が羨ましいです。

リンクの件ですが、ご自由に貼って下さい。
当ブログはリンクフリーですので。


ヒノマルマート、大きくなると良いですね!
お気に入りに入れて時々覗かせてもらいます。
  1. 2012/06/21(木) 20:50:28 |
  2. URL |
  3. viva70s #KMkCswnY
  4. [ 編集 ]

はじめまして

こんばんは。はじめまして。
umboあたりの検索から来ました。スゴイ知識ですね。
まだ全部拝見させていただいてないんですけどシチズンの時計がイイですね。

FUTUROもVENTUROも日本で実物を見ることができるようなのでいつか見てみたいと思っています。

僕はFUTURO派ですが…。
またお邪魔します。
  1. 2012/06/21(木) 21:28:22 |
  2. URL |
  3. pantomania #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます!

オダです。

ありがとうございます!

早速リンクページの作成に取り掛かりたいと思います。

viva70s☆素晴らしき70年代インテリアの世界さんの、
まるで雑誌を読ませていただいているかのようなサイトのデザインや文章が大好きです。

これからもちょくちょく覗かせていただきます。

励ましのお言葉までいただき
本当に嬉しく思っています。

息の長いお店になるよう、頑張ろうと思っています。

ありがとうございました!

今後ともよろしくお願いします。

ヒノマルマート  オダ

  1. 2012/06/21(木) 23:02:24 |
  2. URL |
  3. ヒノマルマート オダ #-
  4. [ 編集 ]

pantomania さんへ

コメントありがとうございます。

70年代のシチズンには本当に良いものが多いですよね。
この時代の時計デザインに関しては、我らが日本と西ドイツが双璧だと思います。

pantomania さんは FUTURO派 なんですね。
僕は欲張りなので VENTURO を本宅にして FUTURO を別荘に持ちたいです(笑)。


のんびり更新ですがまた覗きに来てやって下さい。
  1. 2012/06/23(土) 09:54:48 |
  2. URL |
  3. viva70s #KMkCswnY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://spaceage70s.blog.fc2.com/tb.php/93-5561a6b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Welcome to My Blog!

現在の閲覧者数:

プロフィール

viva70s

Author:viva70s

カテゴリ

このブログについて (1)
70s な部屋 (13)
70s な家具 (17)
70s な家電 (8)
70s な置き時計 (13)
70s な掛け時計 (6)
70s なTable Ware (9)
70s な照明 (5)
70s なモノ (13)
70s な暮らし (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。